« 「踏み字」二審も有罪 福岡高裁判決 元警部補の控訴棄却第一報 | トップページ | 日赤など、骨髄情報処理でミス「待機患者への影響なし」第一報 »

<米リーマン>6〜8月期の最終損失39億ドルに拡大の疑問

豊かそうに見えるこの日本で心の飢えはないのでしょうか。

疲れたまま寝るのと、疲れをリセットしてから寝るのとでは全く違う。

眠い目をこすりながらニュースを見ていたら、ちょっと面白い記事がありました。<米リーマン>6〜8月期の最終損失39億ドルに拡大の話です。もうご覧になった方も多いかもしれませんが・・

<米リーマン>6〜8月期の最終損失39億ドルに拡大
米証券大手リーマンブラザーズは10日^8年6〜8月期決算で、低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)問題に伴う評価損など78億ドル(約8400億円)を計上した影響で、最終損失が39億ドルに膨らみ_四半期連続の赤字に転落したと発表した。住宅ローン担保証券(MBS)などサブプライム問題のあおりで値下がりした証券化商品の評価損が響いた。同時に、保有資産の大半を別会社に分離するなどして大幅に圧縮することを柱とする経営再建策も明らかにした。資産運用部門の売却交渉も進めているという。リーマンは08年3〜5月期決算で、評価損70億ドルを計上し、最終損失27億7400万ドルと上場以来初の最終赤字に転落。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080910-00000115-mai-bus_all


こんな具合のニュースです。読めば読むほどますます<米リーマン>6〜8月期の最終損失39億ドルに拡大に対する興味がわいてくるように感じるのは、自分だけでしょうか?不思議です。

電話を一本入れる用事を思い出したので、ここはこのへんで。連絡手段がメール中心になってから、電話って何だか緊張するんだよなぁ・・

今は、<米リーマン>6〜8月期の最終損失39億ドルに拡大とかそういうのって、こんなふうになってるんですね。いろいろ変わってるんだなぁ〜、と、ちょっとしみじみしちゃいました。

仕掛け発想で新たなWEB販促
IT・Web系の広告効果を上げるには?
あなたの会社のWEB事業部
blogkoukoku.com

|

« 「踏み字」二審も有罪 福岡高裁判決 元警部補の控訴棄却第一報 | トップページ | 日赤など、骨髄情報処理でミス「待機患者への影響なし」第一報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457724/23648289

この記事へのトラックバック一覧です: <米リーマン>6〜8月期の最終損失39億ドルに拡大の疑問:

« 「踏み字」二審も有罪 福岡高裁判決 元警部補の控訴棄却第一報 | トップページ | 日赤など、骨髄情報処理でミス「待機患者への影響なし」第一報 »